だがタメ!!〜フルスロットル〜

お気楽極楽!
ポタリングしたり、
モテポタ道を探求したり、
チャリンコライフを満喫したり、
日々のボンクラ話を書いてみたり、
ま、ポレポレでポタポタだぜ!!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
それでも泣きながら選挙に行った
腰、大事にしてますか?
世界のみなさんこんにちは。
週末は1000円なETCなそあんです。
ちょっと言ってみたかっただけです。
車どころか免許もないぼくにはETCなんて無縁だぜ!
高速が1000円だろうが電車を使うから関係ないぜ!

さておき。

先週は人生で初の体験をいたしましてね。
おおむね、初体験というものはドキドキワクワクなものですが、
あっしが体験したのはできれば避けて通りたい類のものでしてね。
勿体ぶらずに言えばギックリ腰ってやつです。

いやー。

びっくりよ。
本当に動けないんだね。
涙出そうなくらい痛かったわ。
水曜日の深夜になりまして、
翌日には自転車乗りの皆様との飲み会は大事をとって欠席いたしまして、
金曜日には大分良くなっていたのです。

油断した。

ギックリ腰の野郎はいったん潜伏し、
再び姿を現しやがったのです。

日曜日。
布団をあげようとしたその時に。

まあ、不幸中の幸いとでも言いましょうか。
布団に突っ伏すカタチになったのですが、
これがけっこう楽でした。

この日も出かける予定があったのですが、
どうにもこうにも腰が言うこときかないのでキャンセルに。

で。

夜になって大分楽になったのですが、
出来れば動きたくない。
やっぱ動くと響く。

しかし。

日曜日と言えば都議会選挙の日。
しかも今回はあれやこれで色々と重要な雰囲気満載の選挙。
また来たる衆議院選挙の行方を見定める選挙でもあります。
何がどう重要なのかは、正直分かりませんがこれをキャンセルするわけにはいきません。
清く正しい都民としてしっかりと自身の都政に対する意見表明をすべき日なのであります!
使えるものは使わないと勿体ないとか、とりあえずお祭り的な雰囲気だから乗らないと損な気がしたからとか、そんな理由ではありません。

で。

投票締め切りのギリギリの時間に投票所へと向かったのです。
本当にギリギリだったのでちょっと急いだら、
いやー腰が痛いいたい。
涙目で投票です。
歯を食いしばって投票です。
大袈裟です。
でもあれだけ深刻な表情で投票したのは初めてです。
きっと選挙管理委員会チックな人は、

「彼は非常に都政、いやその先の国政を憂いているのだろう。感心なイケメン青年だ」

と、思ったに違いありません。


んで。


別に重い物を持ったとかでもないのに、
なんでギックリ腰になったのかなあと考えたのですよ。
答え分かっちゃいました。


太 り 過 ぎ



です。
自分の体重が重すぎるって言う。

泣ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング



JUGEMテーマ:日記・一般


| ボンクラ雑記 | 23:42 | comments(3) | trackbacks(0) |
OPPでハッピーライフ
テレビをあまり観ません。
特に「テレビを観るのはやめ!」と決めたわけではないのですが、
いつのまにかテレビを観ない日が多くなっていたのです。

まあ、ゲームやったり映画観たり、ネットやったりあと本を読んだりで、
テレビを観るのに使う時間がないってだけなんですが。

そんなワタクシですが好きなテレビ番組がありまして、
毎週欠かさず録画しているのです。

そう、録画して観ていてリアルタイムで観るのではないのです。
録りためてまとめてその番組を観るのが好きなのです。

その番組とはアメトーク

トーク番組が好きなんです。
他にもいろいろトーク番組はありますが、
これだけは外せません。

でも。

放送一回分だけだとなんだか物足りなくて。
まとめてどどーんと観るのが好きなのです。

で。

今更ながら観ましたOPP芸人

大変共感するところが多いトークテーマでございました。
OPPとは

おなかがピーピー

の略語であります。

ワタクシ、幼いときからOPPでしてOPP芸人の皆様の話にうなずくことしきり、
また、

「OPPで悩んでいるのはぼくだけじゃないんだ」

という心強いエールも番組から頂いたのであります。

いやさー、伊達に

「う○こ大名」
「トイレプリンス」
「the bathroom man」

などとあだ名をつけられた学生時代を過ごしてきたわけなじゃないのですよ。
一番最後のなんて、アメリカにいたときの話だよ?
大学生にもなってしかもアメリカで「便所男」とか呼ばれたわけですよ。
国際的に認められたOPPなのですよ。
G(グローバル)OPPですよ。
どんとこいOPPってタイトルで本出せそうですよ。

さておき。

番組ではOPPの苦労話があれこれとあったのですが。
やはり学生時代。
特に小〜高校時代の苦労話が多いですね。
分かるよ。
すごく分かるよ。

ぼくも苦労した。
小学校なんて男女一緒のトイレで個室に入ることが
「うんこ」+「女みてえ」と二重の恥ずかしさだったわけです。
でも学校でうんこしたけどさ。
なんかもう伏せ字やめたけどさ。

中学時代も大変だった。
人気のないトイレってのがいくつかあったのですが、
そこって実はいわゆるヤンキーのたまり場でして、
なんかタバコなんかを吸っていたりするのです。
現在は喫煙者のぼくですが、当時は非喫煙者だったので彼等の仲間ではなく、
当然うんこするときもアウェーな気分なのです。
かといって他の場所では恥ずかしくアウェーとはいえ人気のないトイレの方が良いので利用していたのです。
ただ、スモーカーとOPP。
世間から冷たい視線を浴びるアウトロー同士、どことなく連帯感のようなものがあったのは確かです。
うんこの臭いもタバコの匂いで消え……るようなさっかくもなどもあり。

「お、タバコ?」
「おう、うんこ?」
「うん」

みたいな会話に仲間意識を覚えたり。

しかし、その安息の地も、教師見回りにより崩壊したのです。

ある日トイレに、

「コラァー!」

と、怒鳴りこんできた生活指導の先生たち。
慌ててタバコを隠したりごまかそうとするヤンキー達。
とうぜん、ごまかしきれるものではなく、その場でお説教が始まったのです。

まあ、それはいいよ。
おれ関係ないし。
でもさ。

「オマエも隠れてないででてこい!」

と、ヤクザなみの脅す声でドアをドンドン叩くわけですよ。
さいてーだよ。
それはOPPにやっちゃいけない最悪のイジメですよ。
その「出て来いドンドン」が嫌だから人目を避けてうんこしてるのに。
おかげで出るものも出なくなったよ。

結局中途半端な感じで水を流してトイレから出ると、
その先生も驚いたようでして(ぼくはヤンキーとかじゃなくて普通の生徒だったので)、
一瞬戸惑ってから

「何してた」
「トイレ入ってました」
「トイレで何してた」
「……(恥ずかしい気持ちとなんで説明しなくちゃいかんのと反抗期な気持ち)」
「何してた」
「……うんこ」
「タバコ吸ってたんじゃないな? うそついても匂いでわかるぞ」
「うんこも匂いで分かるんじゃないですか?」
「……、確かにうんこの臭いだな、今度からはちゃんと別のところでやれ、ここ(更衣室のトイレ)は普段は使用禁止だ」

と、いうアホなやりとりをしたのを覚えています。
しかしノットOPPの人々が使うトイレでのうんこはやはり抵抗が強く。
それ以降ぼくが実行したのは、休み時間中に家に帰ってうんこすると言う荒技でした。
いやね。
中学校からぼくの家まで走ればすぐだったのよ。
ダッシュして即効で用を足して戻れば次の授業に間に合ったのです。
なんだかすごいアホくさいけれども、それくらい学校でうんこするのは大変だったんですよねえ。

高校に入ってからは開き直ってうんこしてましたけれども。
むしろその方がネタにもなるし、気楽でした。

ええと。
なんかとくにオチとかないのですが、
まあ、その、全国のOPPのみんな、明るくハッピーに行こうぜ!
ってことなのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング

| ボンクラ雑記 | 16:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
飲み会のご案内と唸るおれの小宇宙
いやはや、スタビンズ君。

って、確かドリトル先生の口グセでしたよね。
スタビンズ君で名前あってましたっけ?

さておき。

この雨が降りそうで降らなかったり降ったり煮え切らない
まるで言いたいことも言えないこんな世の中にポイズンと歌う反町隆さんの歌のような天気の今日このごろ。
いかがお過ごしですか?

自転車乗ってますか?
ポタリングしてますか?
「こんなことがあったんだよ」と、語りたいことなどありましたか?

ならばそれを語ろうじゃありませんか!

と、言うことでですね。
突然ですが今週の木曜日、
自転車ツーキニストのチャリじいさんなど、自転車を愛する方々と都内で飲むことになりました!

思いっきり自転車の話をしたいアナタ!
美味しいビールを飲みたいアナタ!
是非ご一緒しましょう!

まあ、ぼく、お酒弱いんですけれども。

美味しいお酒とお食事に楽しく自転車の話ができたらなあと思っています。
参加してみようかなと言う方は、
コチラのチャリじいさんの記事をご覧ください。


んでは!

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般


| 自転車 | 22:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
ガンダムポタ
001
実物大ガンダム

あ〜!
ハラヘッター!
と、いうかホルモン食べたいです。
極みホルモン。
新宿の焼肉屋の。
でも時刻はすでに午前4時になろうとしています。
あぁ、でも食べたい極みホルモン。

そんな焼肉の呪縛から逃れるために、
本日のポタなんぞを報告。

まあ、たいしたことはしておらず。
相変わらず皇居に行って、
それからお台場まで足をのばして。
ぼんやり海を眺めていたら、ガンダムを発見!

知人に来月の12日にお台場にいかないかと誘われていて。
「ガンダムです」
って、一文が気になっていたのです。
なんか映画かイベントでもあるのかなあと。

そしたらあんた!
実物大のガンダムじゃないですか!
これにはびっくり。
つーか、全く知らなかったです。

なんか、こーいうのってけっこう作りがチャラい感じだったりするのですが、
けっこうディティールもしっかりしていて、
チープな感じはしませんでした。

う〜ん。
かっこいい。
これ、夜はライトアップされるようですね。

恋人達はライトアップされたガンダムをムーディにロマンティックに眺めるのでしょうか。
そんなカップルいたら祝福しちゃうよ!

んで。

前回のブログにも書いたけれども。
臭いんですよね。
ガンダムのまわり。
馬糞の匂い。
牛糞でもいいです。
そんな匂いがぷんぷん。
肥料でもまいたのかなあ。

ともあれ、正式なお披露目は来月の11日のようです。
混むんだろうなあ。
今なら空いているから見るだけならいいかも知れません。
場所はお台場の潮風公園。


007
今日の相棒のラレーさん


まあ、そんなこんなでホルモンたべた〜い。
焼肉好きな方、よかったらポチっとバナークリックお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング

| 自転車 | 03:48 | comments(4) | trackbacks(0) |
自転車を避けていた理由
まず、マイケル・ジャクソン氏のご冥福をお祈りいたします。

いつかまた日本でライブをやってくれると思っていたのですが、
それももう不可能ですね。

しかし、いまだに信じられません。
呆然としながら彼の曲を繰り返し流しています。
世界中の人が彼の曲を今聴いているのではないでしょうか。
アメリカに留学していたころ、
ヨルダンからの留学生とマイケル・ジャクソンの話で盛り上がり、
その後彼と仲良くするきっかけをくれてありがとう。
今でもあなたのスリラーのゾンビが史上最高にカッコイイゾンビだと思っています。
感謝の念をこめて

Rest in peace.



ごきげんよう。
そあんです。
今日の東京は良い天気でしたね。
そんなわけで、久々にお台場までポタってきました。

で。

びっくりしたのがガンダム。
いつのまにかガンダムがお台場に出現ですよ!
つーか、お台場に実物大ガンダム作ってるなんて知りませんでした。
動いたら面白いのになあ。
あと、なんか知らないけれども、
ガンダムのまわりで肥料の匂いがしました。
そっちょくにいうと馬糞の匂いです。
なんでだろ。

と、言うようにですね。

現在は特に自転車恐怖症でもなく、
普通に自転車に乗ってお台場などに行けたりします。

あぁ、訂正。

普通にじゃなくてゼーハーゼーハーしながらです。
いやさー。
運動不足だし、体重増えたしさー。
てへへ。

えっとですね。
事故にあってから自転車関連の物を避けるようになったのは、

「自転車恐怖症」

と、言うのはもちろんなのですが、
一番怖かったのは自転車に乗ることではなく、

「自転車に乗りたくなること」

だったのです。

何度かこのブログにも書いてますが、
うつ病ってやつを患ってましてね。
これがなかなか完治しないわけです。
いまだに休職状態でして。
一時期上向きなときもあったのですが、
今年になってからどうも低調気味でして、
3月くらいなど絶不調でして、
医者と相談しつつ薬の種類を変えたりしたのです。

で。

実際に効果はあり、気持ち的には上向きになったのですけれども。
副作用がありまして。

薬っていろいろと副作用があるものですが、
これがですね、
今まで経験したことのないものでして、
簡単に言えば

「攻撃的になる」

って状態だったのです。

自分で言うのもなんですが。
ぼくは、あまり怒ったりしないのですよ。
イライラとかはしますけど。
なんと言うかカっとなってどうこうとか、まずないんですね。
温厚というか、自分が怒ることで相手が怒るのが嫌なのです。
弱虫ですから。

そんなぼくですが、
副作用のせいか、
ちょっとしたことでカっとくるようになったのです。

例えば、駅の改札を出たところで立ち止まってる人いるじゃないですが、
普通なら「すいません、どういてください」など一声かけるのですが、
このときは「邪魔なんだよ。どけよ」みたいな罵声を吐くわけです。
もともと改札の出口やエスカレーターの降り口なんかに突っ立っていられるとイライラすることはあったのですが、
ここまで怒るほどのもんじゃなかったのですよ。
また、親しい友人のちょっとした発言に、

「ケンカ売ってるなら買うよ」

など、いきなりケンカ腰になったりと。
明らかにおかしかったのです。
自分でも変だと思っているのに怒りが収まらないような状態。
自暴自棄って言葉ぴったりだなあと今になると思います。

そんなわけで。
当時は誰かと連絡を取らないようにし、
また外出するといつもめごとを起こすかわからないので極力外出を控えるようにし。
心平穏に日々を過ごすようにしていたのです。

んで。

自転車も日中はイライラすることなども多いので、
空いている夜中に乗っていたのですが。

攻撃的な状態とは割とワグレッシブと言うかアドレナリン全開というか、
テンションがいじょーに高いんですよね。

なので自転車の乗り方が荒い。
いつ事故にあってもおかしくないゆうな乱暴な乗り方。
で、事故ったのは当然と言えば当然の結果だったのです。

で。

その事故なんですが。
ん〜。
半分はわざとじゃないかなあと思ったのです。

別に自殺しようとしたわけじゃないんですが。
でもなんかあのとき、

「このまま死んでもいいや、むしろ死んだ方がいいんじゃない」

ってな気持ちもあったのです。

ええと。
誤解を招くとあれなので、
明言しますが、自殺願望なんぞありません。
まだまだ死んでたまるかってな気持ちです。

ただ、それとは別に。

うーん。
死にたい訳じゃないけれども、
消えた方がいいんじゃないかと思ったりするのですよ。
ちょーネガティブ思考なんですが、
まあ、それがうつ病ってやつでして。
あと実際死ぬってことをリアルに考えるととてもじゃないけれども怖くて無理です。

でも、事故ったとき確かに、

「まあ、いいか」

みたいな考えはあったのです。

自分を疑うのもバカらしいのですが、
転倒するの、なんとか防ぐことができたんじゃないかなと後々になって思ったのです。
ちゃんとブレーキをかけて、足をついてバランスをとれば平気だったんじゃないかと。
むしろ転倒するチャンスを狙わんがばかりにスピードを出していたんじゃないかと。
自分自身に対して、殺したくなるほど攻撃的になっていたんじゃないかと。

自転車に乗ったらまた同じことをするのではないか?

それが、怖かったのです。
なので、自転車に乗りたい気持ちになるような自転車に関連したものを全てシャットアウトすることにしたのです。

ん〜。
アホだなこの人。

でもまあ、当時は真剣にそう思っていたのでした。
心穏やかに、平穏に、危険物(自転車)は遠ざけて。
それと薬も変えて、身体から副作用を起こす成分を取り除いて。
自転車以外にもひどい怒りにかられることがあったりしたのですが、
それも今思うと普通じゃなかったよなあと。

で。

今はもうすっかりそうした副作用はなくなりまして。
本日のようにのんびりとポタリング。
いやうそごめんなさい、ひーひー言いながらのポタリングを楽しんだりしているのです。

しっかしまあ、やべーなこのお腹。
ポタリングとかじゃなく、
トレーニングとかじゃないとダメかもしれん。

このままじゃ一生非モテチャリダーになってしまいそうです。

なってたまるか!

JUGEMテーマ:うつ病
| うつ病 | 21:16 | comments(4) | trackbacks(0) |

<<2/107pages>>


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
お気に入りブロガーさんとトラコミュと人気ブログランキング
アクセスカウンター(2008/9/17 カウント開始)
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS