だがタメ!!〜フルスロットル〜

お気楽極楽!
ポタリングしたり、
モテポタ道を探求したり、
チャリンコライフを満喫したり、
日々のボンクラ話を書いてみたり、
ま、ポレポレでポタポタだぜ!!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
己がスタイルを確立せよ
自転車に全然乗ってねぇ……。


あっと言う間に過ぎ去ったこの夏あの日に一度くらいは乗った記憶はありますが、
それがいつかは覚えておりません。

ごきげんよう、そあんです。

いやー気が付いたら10月ですね!
秋刀魚が美味しくてもうすぐ紅葉の季節!
上着を1枚ひらりと羽織って自転車にまたがって街へ出ようではありませんか!
ポタリングにぴったりの時期じゃないですか!
そんなわけで、

キャンプに行ってきました。

はい。
今回うちのとれっくさんもられーさんも出番なし!
倉庫待機でございます。

026
タイヤキ泳ぎすぎ

で。

この連休にキャンプに行ってきました。
その詳細を血沸き肉躍る総天然色活劇風にレポートしたいところですが、
今回のキャンプには多数のアウトドアブロガーさんが参加されましたので、
その記事をご覧いただく(別途リンクしようかなと)のがベストだろうと思うので、
ワタクシめのレポートは割愛させていただきとうござる。
決してめんどくさいとか面倒くさいとかメンドイとかじゃないのでござる。
ござるったらござる。

んで。

今まではなんとなくキャンプ道具を揃えて、
なんとなく友人の車に乗っかって、
なんとなくキャンプすることが多かったのですが、
今回キャンプをしている間ずっと考えていたのです。

「そろそろ自分のキャンプスタイルを追求してもいいんじゃないか?」

と。

別に今までの通りに「なんとなくキャンピング」な「なんとなくクリスタル」的なキャンプでもいいのですが。
なんだろう?
それだとちょっと物足りないと言うか、
面白味がないと言うか、
ハングリー精神がないと言うか、
いつまでも非モテキャンピングのままじゃ嫌だと言うか。

やっぱアレでしょ。
モテポタとか言っているのなら、
当然キャンプもでしょ。
目指せ、


モテキャン


でしょう!


ほら、なんか最近アウトドアってブームだしぃ。
森ガールとかって言葉も流行ってるっぽいしぃ。
響きが姉キャンっぽくて可愛いしぃ。

モテポタ+モテキャンなんてことになったら、モテモテですよ!


我が道が見えたっ。

親父、おれモテキャンパーになるよ!
モテモテになるよ!
いぇあ!

そしてモテキャンの鍵は最近出番の全くないうちのとれっくさんとられーさんにあるのであった……。

つづく。

JUGEMテーマ:アウトドア!


| キャンプ | 21:16 | comments(3) | trackbacks(0) |
ごめんなさい。自分、ちょっと調子こいてました。
前回イントロのつもりで書き始めた「クリスマス無理矢理盛り上げようとしてんじゃね?」が思いの外長くなってしまったので、今回はさくっと本題に入ろうと思います。

今週の月曜日〜火曜日に1泊2日のキャンプに行ってきました。
同行者は中学時代からの付き合いである、拝み屋のH

今回のキャンプは拝み屋Hの希望で高原のキャンプ場に行くことに。
あれこれと拝み屋Hが調べてシーズンオフのこの季節でも経営しているキャンプ場を見つけてきたのです。

拝み屋Hは昔からそうなんですが、山が好きなのですよ。
山があったらとりあえず登り始めるという、山大好きっ子なのです。
雪山登山を来年あたりに行くことを考えているようで、
自分の装備が雪山でも問題ないかを確認するために、
登山ではないのですが、標高の高いキャンプ場に行くことにしたのです。

そのキャンプ場はこちら。

一の瀬高原キャンプ場

サイトを見ていると、

「寒さに耐えきれないときのために避難所を用意している」

とのお知らせが。

ふ〜む。
やっぱり相当な寒さになりそうです。
しかもキャンプに行く数日前に拝み屋Hのところに管理人から連絡があり、
なんでも雪が降っているので路面が凍結しているとのこと。
キャンプ場に行には、スタッドレスタイヤかチェーンが必要だそうな。

こりゃ、本格的に防寒対策を考えなくちゃいかんなと。

なので、キャンプ前日の日曜日に防寒対策グッズを買いに行ったのです。
心配なのはテントの底冷え。
ブルーシート、もしくはエマージェンシーシートを使用して断熱を考えていたのですが、
ブルーシートは断熱の効果がありそうにないのと、
エマージェンシーシートは緊急時に身体をくるんで使用するもので、そもそもテントの断熱には向いてなさそう。
と、言う訳で結局は、テントの下に引くグランドシートを購入したのです。

その効果なんですが、結果から言えば、

「よ〜分からん」

です。

テントに入るのは寝るときだったので、
テント内にエアマットひいて、
その上にシェラフ、
そしてシェラフカバーでシェラフをくるんで寝たので、
顔以外は寒さを感じなかったのです。

まあ、でもグランドシートは防寒のためだけの物ではないので問題なしです。

グランドシートの他には、炭や焚き木を扱うトングとペグ打ちハンマー。
別にこの二つは防寒とは関係ないのですが、あると便利なので。
特にトング。
ハンマーは石で代用もできるけれども使い勝手はハンマーの方が圧倒的に楽なので。

防寒着は自転車に乗ることも考えて少しづつ揃えていたので得に購入せず。

ちなみに内容はこんな感じ。

◆上
・ヒートテックシャツ(ユニクロ・やっぱりお手頃価格なのが素敵)

・パーカー(FCUK・別にアウトドアブランドじゃなく、単に好きなブランドであるだけ。デザインなどもいいのですが、お太り様の僕でも着れる服があるくらいサイズが豊富)

・インナーダウン(マーモット。これはアウトドアメーカーの商品。Tシャツの上にこれを着て自転車を漕いでも汗がでるくらいの保温力。アウトドアメーカーだけのことはあります。あと、型遅れかなんかで安かったのも魅力でした)

・マウンテンパーカー(ナイキ・4〜5年前くらいのものだけれども風をがっちり防いでくれます)

・マフラータオル(スノーピーク・タオルなんだけれどもマフラーのような長さとデザインで首にまいとけばちょいちょいと手をぬぐえるのが便利)

・ニット帽や二つのパーカーのフード

◆下
・ヒートテックタイツ×2(ユニクロ・いわゆるさるまたですね。重ねばきしたら効果がより上がるんじゃにかと思って用意)

・ヒートテックソックス(ユニクロ・しかしほんとユニクロって便利だなあ)

・登山用ズボン(あ、メーカー忘れた。ストレッチがきいて動きやすく、秋冬モデルなので保温もいいらしい)

・スニーカー(FIVE TEN・BMXやMTBのライダーがこのブランドの靴を履いて大会で優勝などしたことで有名に。ロッククライミングなどの靴も扱っているのでソールのグリップ力はなかなかのもの。履き心地はスニーカーというよりもブーツに近い感じ)


以上でございます。
万全の体制です。
むしろ、雪上キャンプでもいいんじゃね?的な気分です。


で。


意気揚々とキャンプ場に車で向かったのですが、
道中、山道を昇っていくにつれ、北岳やら乗鞍岳やらが見えるわけです(山の名前は多分そうであろうと思って書いているので違うかも)。

これがね。

もう雪化粧されていて綺麗。
すんごい綺麗。

天気が良いこともあって、
路面状況の凍結もなく順調に山道を進んでいったのです。

が。

やっぱり標高が上がることと山に遮られ日陰になる道になり、
雪が残り、路面が凍結してきたのでチェーンをつけることに。

ところがどっこい。

チェーンとタイヤのサイズがあわなかったのです。
チェーンが小さくてタイヤを覆えない。
聞けばチェーンを購入したのはけっこう前で、
そのあとに車を買い直したようなんですね。

で。

あれこれと試行錯誤して何とかチェーンを巻こうとしたけれども。
やはり無理矢理やっても効果がなさそうなので断念。

で。

そこからは雪の山道を進むのは危険と判断して携帯の電波が入るところへ移動してキャンプ場へキャンセルの電話。
こちらの都合でのキャンセルなので、キャンセル料を払う旨を伝えるといらないとのこと。
その代わりでもないけれども、雪がとける4月あたりにでも来てくれればいいと。
その言葉に甘えてキャンセル料は支払わず、でも4月になったら行くことを決意して下山。

んで。

そのまま帰るのは選択肢としてありえないので、
この時期でもやっている別のキャンプ場へ移動。

ここです。

道志の森キャンプ場

え〜と。
今年4回目の訪問です。
10月に2回、11月に1回、そんで今回

つーか。

1年に4回もキャンプするなんて僕の人生初のような気がします。

さておき。

このキャンプ場、いい具合にお客を放置してまして、
てきとーに訪れててきとーに帰ればいいというゆるりとしたキャンプ場で予約の必要はなし。
管理人も常駐しているわけではないので、
管理棟に残された連絡先へ電話して利用することを伝えると、
後々管理人さんがキャンプ料金などを徴収しにやってくるわけです。

環境は森というだけあって、キャンプ場をぐるりと森が囲んでいて、中央を川が流れて、自然豊かなのです。
でも、それだけじゃなくてキャンプ場では割とないがしろだったりするトイレが水洗であったり、シャワーやお風呂(両方とも使ったことないけれども)が夏なんかは使えるのです。

別にキャンプに行くのってサバイバルをしたい訳じゃなくて、
焚き火をしたり自然の中でゴロゴロしたりヘンテコリンな料理をしたり、
まあ、その、つまり快適に自然の中で過ごせればいいわけです。

なので水場が豊富にあって、清潔なトイレとかがあると非常に嬉しかったりするのです。

で。

日が沈むまえに到着しまして、管理人へ電話。
冬場は管理棟湧きのトイレと水場以外は水道が全て止まっているとのことなので、
管理棟のそばにテントを設営。

そんでもって管理人さんが代金を徴収しにやってきたのですが、
キャンプ料金2人分と車1台で2400円なので、
5千円札で払おうとしたら、硬貨のお釣がないとのこと。
結局、

「寒いからオマケ!」

と、言うことでお値段2000円に。
ラッキー。
聞けば他にはお客さんがいないそうで。

貸切状態。

暗くなると全く人の気配がなく、映画「ブレアウィッチ・プロジェクト」の森か、はたまたゲーム「サイレン」の雰囲気。

不気味です。

特に管理棟のトイレが不気味です。
やっぱ人のいない建物って気味悪いよね。

まあでも、何かあってもこちらには拝み屋のHがいるから問題なし。

それに不気味だなんだの前に、
月明かりと星がきれいなこと。

贅沢です。

すごく贅沢な空です。

人はいないし虫もいないし蒸すこともなくて、空気が澄んでいる中見上げる夜空は格別な美しさ。

やっぱキャンプはいいなあ。


と。
書きましたが。

実は優雅に夜空をのんびりと見るのはなかなか辛かったのです。

そう。

寒い。
もんのすごく寒い。

完璧と思った防寒着が、ガチで防寒できない寒さ。
体感温度は氷点下です。

だんだん寒くなるんじゃなくて、
ある瞬間にグンと寒くなって、
またしばらくするとグンと寒くなるのです。

今回は焚き火場をつくらず、
それぞれの足元(イスをもっていったのです)に小さな焚き火を作って暖をとったのですが、下半身は暖かくなっても上半身は寒い。

あまりの寒さに動きたくないのでじっとしているとより寒くなる感じ。
そんな状況なので、料理もてきとー。
ほんとは、夜は塩鍋でもしようかなあと思っていたのですが、
なんかもう水仕事をしたくないというか、
あれこれやる気力がなく、
フランスパンのトーストにウィンナーの網焼きという、
いたってシンプルなものに。

まあ、そのくらい寒かったのですが、
なんだかんだでテントにもぐりこんだの12時を回るころ。
暖かいシェラフでぐっすり眠れました。

ともあれ、結果としては高原でキャンプしなくて正解でした。
確実に寒さに耐えきれなかったと思います。

あと、自分の防寒対策の甘さも痛感しました。
年末年始にかけてキャンプに行くし、
1月も2月もキャンプに行きたいので、
ちょっと本格的な防寒着をそろえようかなと思っています。

問題は、本格的なものは高いってことですね。
う〜む。
どっかに100万円くらい落っこちてないかなあ。

ブログランキング参加中です。
良かったらポチっおしてくれると嬉しうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング

JUGEMテーマ:アウトドア!


| キャンプ | 19:35 | comments(3) | trackbacks(0) |
ブレアウィッチチックな森で
メリークリスマス!!


ふぅ。

クロスバイクブログ業界。
否。
自転車ブログ業界。
否々。
もしかすると全世界のブログの中で、
2008年度のクリスマスの挨拶を一番最初に言ったのは僕かも知れません。
ふははははは。

そんな訳でこれ↓

クリスマスツリーの準備中

東京タワーのクリスマスツリーです。


そんな東京タワーさん

そうかあ。
もう今年もそんな季節になったのね。
どうりで、夜に自転車に乗っていると指先なんかが寒いわけだ。
そろそろ指抜きのグラブではなくて指先まで覆うグラブを買おうかしら。

まあ、そんな冬の気配を感じさせる中。
今週の月曜日〜火曜日と一泊二日のキャンプへ行ってきました。
季節は秋でも、人生の夏休みを絶賛謳歌中ゆえにできたキャンプです。

今回のキャンプの相棒は、拝み屋のH。

拝み屋と言う仕事柄、土日に休みを取るのは難しいものの。
平日なら融通が利くので今回のキャンプに同行。

キャンプしたのはここ。

『道志の森キャンプ場』

前回のキャンプと同じ場所。

今回は平日ということもあり、
キャンパーは僕たちを除くとほんの2〜3組。
かなり広いキャンプ場なので、
互いのテントなど視界に入る範囲には誰もいません。

そして道志の森という名の通り、
森に囲まれており、
たまたま迷い込んだ森の空き地にテントをはった的な雰囲気が漂います。

なんとなく『ブレアウィッチ・プロジェクト』チックな雰囲気です。


ブレアウィッチチックな森

まあ、魔女が現れてもこちらには拝み屋がいるので問題なし。
そんな拝み屋のHが持参したのが、
雅楽を奏でる楽器『ひちりき』。


ひちりき

視界には誰もいない森の中、
雅楽を聴いていると、
なんとなく平安時代にでもいるような気分に。
ブレアウィッチ的な平安時代だけれども。

まあ、ともあれ。
ただテントはって、
飯くって、
焚き火見ながら話をしただけなんだけれども。

やっぱいいわ、キャンプ。
特に何をしたわけでもないけれども楽しい。

そのうち自転車でキャンプに行けるようになりたいなあ。

ブログランキング参加中!
ポチっとクリックお願いいたしまっす!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング


JUGEMテーマ:アウトドア!


| キャンプ | 02:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
我が城です。byその昔窪塚と呼ばれた人
そっちです!
あーちゃんです!
んしゆかです!


3人揃って、Serfumeです!!


そんな訳でこれをご覧ください。


Perfumeあーちゃんのサイン(本物)

先日の連休に行ったキャンプに参加された方のタープにあったサインです。
なんでもその方の娘さんがバンドをしていたようでして、
まだ今みたいに売れる前から対バンなどをPerfumeとしていて、
あーちゃんと仲が良かったとか。


そんな訳で帰って参りましたキャンプから。

ただいまでございます。
そあんでございます。

まるで今帰ってきたような書き方だけれども、
一昨日に帰ってきたのです。

今回のキャンプなんですけれどもね。
某SNSのコミュニティ『放置キャンプ』のオフ会だったのですね。

んで。

この『放置キャンプ』ってのが、どんなキャンプかと言うと、以下コミュニティ説明文より抜粋。


*『放置キャンプ』とは*

  各自が自分の道具でキャンプを楽しみつつ、
  気が向けば一緒にメシ食ったり焚き火やったり。
  ソロキャンパーの集合体、みたいな。


賑やかにみんなで楽しく、もイイですが、

自然の中でのーんびり読書したり
思う存分、釣したり
ハンモックで昼寝したり
実験料理にチャレンジしたり してみませんか?

そんなマイペースなキャンプを楽しむコミュ。

のんびりしたいけど、一人でキャンプに行くのは不安 とか
キャンプサイトをシェアできたら安上がりなのになー とか
そんな人にオススメ。

以上。

つまり、マイペースでキャンプを楽しむためのスタイルなんですね。
大勢でキャンプに行ってワイワイとバーベキューをやったり、
川遊びをしたりするのも楽しいけれども、
またそれとは別にマイペースに、
食べたい時に食べて、
寝たいときに寝て、
誰かと話したいときには、一緒に焚き火を囲んだり。

自由でゆるりとしたキャンプスタイルなのです。

実際にこのスタイルでキャンプをしたのは初めてだったのですが、
これが凄く楽しかった。
他の参加者に変に気を使うこともなく。
腹が減ったら、てきとーに料理したり、おすそわけをしてもらったり。
眠くなったら眠って。
飲みたくなったら川で冷やしたビールを飲んだり。
ぼーっと、空を眺めたり。


ぼーっと見た空

そこはもうくつろぎ別世界。

僕は、食べては夢の世界、食べては夢の世界へと旅立ちまして。
つまりまあ、食っちゃ寝の生活でした。

なんかねー。

自然の中ってすごく気分良く眠れるのですよ。
川のせせらぎ音だったり、鳥の鳴き声や木々が風に揺れる音や、焚き木がはぜる音とか。
そんなのが子守唄になるわけです。

金曜の夜に出発してから帰宅した月曜日まで、
ほとんど寝て過ごしたような気がします。

でもそれがいいんだよなあ。

心身共にリラックスできました。

この『放置キャンプ』のオフ会の模様はこちら、
コミュニティ管理人いのうえさんのブログ『新・放置民が行く 〜ひとりでできるモン!〜』の記事、

放置の輪

こちらをご覧ください。

べ、別にレポートがめんどくさいからとかじゃないからね!


そうそう。
それと今回のキャンプはおニューのテント『エアライズ2』のデビューキャンプでもありました。
このテント、いいです。

いずれは自転車でのツーリング旅行に出ることを考えての購入だったのですが、
このテントなら充分にいけると思います。

まず軽い。
重さがたったの1550グラム。
一応2人用で最大3人まで眠れるけれども。
荷物などを入れることを考えると1人用よりもこの2人用の方が最適です。

それに設置が簡単。
メンドクサイことが嫌いな僕にぴったりの簡単さ。
慣れたら5分くらいで設置できるんじゃないでしょうか。
設置が簡単なだけあって、撤収も簡単です。

コストパフォーマンスが良い。
別売りの防寒用フライ(テントに欠けるカバーのようなもの)を付ければ真冬でも平気。
このテント1つでオールシーズン、キャンプに行けます。

まだ1回しか使っていませんが、もう既に愛着が湧いています。
なので名前をつけました。


その名も『エアライザリオン』


ものすごく語呂が悪いことがポイントです。
ついでに正義の味方っぽい響きもポイントです。


そんなエアライザリオンの雄姿

と、言う訳で。
ツーリングのお供もできたことだし、
年内にどこかキャンプツーリングをしに行きたいなあと思っています。

島がいいな、島。

都内の島のどっかに行きたいと思います。

ま、そんなこんなで過ごした3泊4日のキャンプですが。
このキャンプの最中にあることを決心しました。

今後のチャリンコライフを楽しむために。
ほんのちょっとあれやこれを楽にするために。

決めたのです。

何を決めたのかは、まて次回!

いや別に、ひっぱるほど大袈裟じゃないのですが、
長くなるので続けます。

ブログランキングに参戦中。
ぽちっとクリックして頂けると最高です!


ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング

JUGEMテーマ:アウトドア!







評価:
価格: ¥36,855
ショップ: ロッジ楽天市場店
コメント:軽い!設置が簡単!コスパお手頃!ツーリングや野外フェスのお供にどうぞ。オススメ。
| キャンプ | 22:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
ちょいと自然と戯れてきます。

今すぐにではないけれども。
いつかはうちのとれっくさんと、
どこか遠いところまで行きたいなあと思っています。

そのためには、自分で一通りメンテナンスができるようにならないとなあ、でも苦手なんだよなあ、面倒臭いんだよなあ、どうしようかなあと悩んでいるそあんでございます。

悩むより慣れろってことですよね、やっぱり。

まあ、そのうちパンク修理のキットなんかを購入してチューブ交換の練習やらをやろうと思います。
まあ、その、練習ってのが面倒なんですが。

んで。

どこか分からないけれども、遠くに行くときには、ホテルやら旅館に泊まるのもいいけれども。
金銭的にけっこうなお値段になったりするので、道の駅とかキャンプ場でのキャンプもありだなと思っています。

キャンプ好きですし。

でもハードキャンプじゃなくて、ゆるゆるでヌルいキャンプが好きなんですけれども。

以前、友人とキャンプに行ったときには、車がない面子だったので、最寄駅からタクシーでキャンプ場まで行ったりしました。

いいのです。
それくらいテキトーでいいのです。

サバイバルをしたい訳ではなくて、ゆるゆるキャンプをしたいのでいいのです。

そんな訳で、明日からというか、もう今日になるのですが、ちょいとキャンプに行ってきます。

某SNSでもキャンプコミュニティの管理人を務め、またキャンプ道具への偏愛が激しい友人がおりまして。
その某SNSのキャンプコミュニティのオフイベントに参加するのです。

友人のキャンプレポートやキャンプ道具への偏愛っぷりはこちらのブログをご覧ください。

新・放置民が行く 〜ひとりでできるモン!〜

このブログを読んでいると、
激しくキャンプ道具への物欲がかきたてられます。

と、言うわけで。

買ってしまいました。
テントを。
実はすでに1つ持っているのですが。
そのテント思いしデカイしで、
いずれうちのとれっくさんと旅するには不向きだなあと思いまして。
前々から新しいのが欲しいなあと思っていたわけです。
ちょうど今日からキャンプに行くし、
今月は他にもキャンプに行く予定もあるし、
まだ未定だけれども年末に行くかも知れないしで、
テントを買っちゃおうと思ったのです。

購入したのはこれ。

『エアライズ2』

なんと言っても軽い!
本体、フレーム、フライシートを合わせて1550gと2リットルのペットボトルよりも軽い!
これが決めてです。
後、別売りのオプション類が豊富にあり、オールシーズン、オールラウンドで使用が可能という、
テント業界のクロスバイクとでも言える優れものなのです。

1人用ではなく2人用にしたのは、単に1人用が狭いから。
荷物を入れたりすることを考えるとキツキツでくつろげないのです。
ゆるゆるキャンプ大好きっ子なので、テント内でもくつろぎたいのです。
なので2人用。

バイクなんかのツーリング用テントだと、
テントの前室にバイクを入れられるものがあったりしますが、
うちのとれっくさんと旅する場合は、テントの前室ではなく、別途バイクカバーを使用する予定です。
そのバイクカバーはこれ。

TOPEAK  バイクカバー(MTB用)

やっぱり互いのプライバシーは尊重しないとね!
うちのとれっくさんは現在屋外保存でしてバイクカバーを使っているのですが、
最近のゲリラ雷雨やら大雨やら激しい風やら、
そんな状況でもしっかりとうちのとれっくさんを守ってくれています。
なのでいまだに、雨風によるサビなどはなし。
自転車を屋外やベランダなど風雨に晒される場所で保管している方にはオススメです。

そんなこんなで今日から月曜日まで、ゆるりとキャンプに行ってきます!



下記は参加しているブログランキングのバナーです。
皆さんの応援のおかげでTOP10には入れましたが、
まだまだ上を狙いたいと思っています!
どうぞポチっとクリックお願いいたします!

 ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング

JUGEMテーマ:アウトドア!



評価:
価格: ¥36,855
ショップ: ロッジ楽天市場店
コメント:軽い! とにかく軽い! 自転車旅行のお伴にどうぞ。

評価:
価格: ¥3,948
ショップ: 自転車のQBEI 楽天市場支店
コメント:ベランダや庭など屋外で風雨に晒される場所に自転車を保管している方にオススメの必須アイテム!
| キャンプ | 05:58 | comments(8) | trackbacks(0) |

1/1pages


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
お気に入りブロガーさんとトラコミュと人気ブログランキング
アクセスカウンター(2008/9/17 カウント開始)
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS